【画像付き】Microsoft Formsの使い方を徹底解説

マーケティング実践
若手社員

Microsoft Formsでアンケートを作りたいけど、どうやって作れるのかな?

そんなMicrosoft Formsを初めて使う方へ向けて、Formsでのアンケートの作成方法を画像付きで丁寧に解説していきます。

本記事を読めば以下のことがわかります。記事を見ながらすぐにフォーム作成できる内容となっています。

  • Microsoft Formsでのフォーム作成手順
  • アンケート設問の作り方
  • アンケートの配信・集計の仕方

本記事を書いた人

リコッタ
リコッタ

大学でマーケティングを専攻し、花王や食べログでマーケティングに5年以上従事。多くの新製品や新規事業を立ち上げてきました。




 Microsoft Formsとは?

Microsoftが提供する無料のアンケートフォーム作成ツールです。

Microsoftアカウントがあれば誰でも無料で使える上、簡単に作成でき、食べログなどの大手企業が実施するアンケートフォームにも使われています。

また、アンケートを作成できるだけでなく、集計もグラフで見れたり、Excelに落とせたりするので、アンケートフォームを初めて作成する方にもおすすめです。

Googleフォームとの違い

作成手順はあまり変わりませんが、使い勝手を見るとGoogleフォームの方は設問設定後に回答方法を変更できたり、回答方法の種類が豊富だったりと使いやすい気がします。

一方、Microsoft Formsの方がインターフェイスが洗練されている印象を受けます。

使い勝手で選ぶならGoogleフォーム、見た目で選ぶならMicrosoft Formsが良いのかなと思います。もしアンケートの作成自体が初めての方であれば、Googleフォームをおすすめします。

関連記事 Googleフォームの使い方を徹底解説【画像付き】

Googleフォームの使い方を徹底解説【画像付き】
WebアンケートにはGoogleフォームが一番おすすめです。Googleフォームでのアンケートの作成方法を画像付きで丁寧に解説しています。

Formsでのアンケート作成手順【7ステップ】

ここからはMicrosoft Formsを使ったフォーム作成の手順を1つずつ解説していきます。
こんなアンケートが作れます。

では早速作っていきましょう。

① Microsoft FormsにMicrosoftアカウントでサインイン

MicrosoftFormsにアクセスします。

Microsoft Forms | アンケート、投票、クイズ
より良いデータを集めて、より良い意思決定を行います。フィードバックを得るためのシンプルなアンケート、投票、クイズを手軽に作成できます。

または、outlookなどの他のアプリケーションのメニュータブからもアクセスできます。

アクセスできたら、Mocrosoftアカウントでサインインしましょう。アカウントがない方は以下から作成してください。

Microsoft アカウント | サインインするか、今すぐアカウントを作成 – Microsoft
Microsoft アカウントでサインインしましょう。1 つのアカウント。1 つの場所ですべてを管理。アカウント ダッシュボードへようこそ。

② テンプレートの選択

テンプレートを選択します。通常のアンケートの場合は一番左の「新しいフォーム」を選択します。使えそうなフォーマットがあればそちらを選択しても大丈夫です。

すると以下のような画面に移ります。早速アンケートを作成していきましょう。公開しない限り何度でもやり直しできるので、安心して進んでください。

まず、フォーム名とフォームの説明を入力します。こんな感じです。

アンケートの上部に画像を貼りたい場合は、タイトル横の添付ボタンから画像を設定することもできます。

③ 設問の回答タイプ設定

アンケートの枠組みができたら、「新規追加」ボタンを押して設問を作っていきます。

Formsでは、設問入力の前に回答タイプを選ぶ必要があります。

若手社員

回答タイプってどれを選べばいいの?

そんな方のために、回答タイプの選び方について解説していきます。

回答タイプの選び方

回答タイプとは、単一回答か複数回答か自由回答か、といった回答の種類のことです。

質問に対してどうやって答えてもらうかを適切に選ぶことで、回答者はスムーズに答えることができるようになります。

ここではFormsで選択できる回答タイプについてそれぞれ説明します。
設問に適した回答タイプを選びましょう。

選択肢・単一回答(選択肢から1つだけ選んでもらう)

選択肢から1つだけ選んでほしいときには、「選択肢」を選択します。
性別や年代、使用有無など、1人に1つしか回答し得ない場合に使用します。

作成イメージ

選択肢・複数回答(選択肢から複数選んでもらう)

利用しているサービスを選んでもらうときなど、1人あたり複数の回答が発生する場合に使用します。

回答タイプから「選択肢」を選び、下部の「複数回答」のスイッチをオンにします。

作成イメージ

テキスト(自由に記入してもらう)

意見や感想などを自由回答で記入して欲しいときには「テキスト」を選択しましょう。もし長文での回答を求める場合には、下部の「長い回答」のスイッチをオンにします。

作成イメージ

段階(段階で評価してもらう)

「どのくらい満足しているか」「どのくらい好きか」など、ある指標に対して段階で評価してもらうときには「段階」が適しています。

下記作成イメージは星での5段階評価ですが、シンボルから星ではなく数値にも設定でき、またレベルは上限10段階まで設定することができます。

作成イメージ

日付回答

何かを行った日付について聞きたい場合、自由回答にすると回答方法がばらつき集計時に煩雑になってしまいます。そのため、「日付回答」を設定すると回答方式が均一にすることができま

作成イメージ

ランキング(選択肢を並び替えてもらう)

例えば選択肢をよく使う順番にしてもらうなど、選択肢の順番を回答してほしいときには「ランキング」を選択しましょう。

作成イメージ

リッカート(マトリックスで選択肢から1つだけ選んでもらう)

「それぞれの項目に対してどのくらい満足しているか」など、複数の項目に対して、同じ選択肢で1つずつ答えてもらう場合にはリッカートを選びます。

作成イメージ

Net Promoter Score

先ほど紹介した「段階」と似ていますが、2つの選択肢どちら寄りか、という段階を聞く場合には「Net Promoter Score」を選択します。

作成イメージ

以上がFormsで選べる回答タイプです。設問で聞きたいことに合わせて選んでみましょう。

④ 設問文・選択肢の入力

次に、設問文と選択肢を入力していきます。設問の内容や順番、選択肢など、どんな回答をする人も違和感がないように入力しましょう。

設問作成時に注意したいポイントについては回答されやすいアンケートの作り方【すぐに使えるテンプレートつき】でも解説しているので参考にしてみてください。

誰でも作れるアンケートの作り方【そのまま使える無料テンプレートつき】
回答されやすいアンケートの作り方を5ステップで紹介します。設問の作り方、アンケート作成時に注意した方がよいことなど具体例も出しながら解説しています。すぐに使えるテンプレートも無料公開中。

以下のような形で入力し、完了したら「新規追加」を押して次の設問を追加します。選択肢を増やしたいときは「オプションを追加」を押します。

なお、設問を移動・削除・コピーする場合は右上から行えます。設問に画像を入れることも可能です。

【注意】必須回答か任意回答か選ぶのを忘れずに

忘れがちですが、それぞれの設問を必須回答にするか、任意回答にするかを選択しましょう。設問右下のスイッチで選びます。

デフォルト設定は任意回答になっているので、必須にする場合はチェックを入れることを忘れないように注意が必要です。

⑤ プレビューする

アンケートが完成したら、公開する前にプレビュー機能で確認しましょう。

画面右上の目のようなマークを押すと、プレビュー画面が開きます。回答者の気持ちになって、実際にアンケートに答えてみましょう。

以下観点でチェックするとよいと思います。

  • 回答者に負担のない質問ボリュームか
  • 設問の順番は適切か
  • 設問は誘導尋問になっていないか
  • 設問文はだれでもわかる表現になっているか
  • 選択肢の数は適切か
  • 選択肢に抜け漏れやダブりがないか

⑥ 公開設定・公開

フォームの作成が完了したら、公開に進みます。

画面右上の「送信」ボタンを押します。押しただけでは公開されないので安心してください。

公開方法はメール、リンク、HTMLの3つから選べます。個人的にはリンクをコピーして、メルマガやSNSなどで配布するのが一番簡単だと思います。

リンク:リンクをコピーして回答者に共有

QRコード:フォームにアクセスできるQRコードをダウンロード

HTML:HTMLをコピーしてサイトのページなどに入れ込む

メール:メーリスやアドレスを入力して送信

 

⑦ 回答確認・集計

公開後はフォーム内の、「応答」タブを選択すると、回答状況や集計結果をすぐに確認することができます。なお、フォームは一度閉じた後もFormsのトップ画面に保存されます。

右側の「Excelで開く」を押すと、エクセルをダウンロードして編集することも可能です。とても便利ですね。

以上がMicrosoft Formsでのアンケート作成手順7ステップとなります。

これだけは覚えておきたい応用編2つ

ここまではFormsの基本的なアンケート作成手順について解説してきましたが、きっと使うことになるであろう応用編を2つだけ紹介します。

① 選択肢によって質問を分岐させる

例えば「SNSを使っている」と答えた人にだけ、「どのSNSを使っているか」といった追加の質問をしたい場合など、回答によって分岐を作りたい場合の作成手順を解説します。

なお、単一回答の設問のみ分岐させることが可能です。

例えば「SNSを使っている」人にだけ追加で質問したいときには、分岐となる「SNSを使っているか」という設問右下の三点ボタンを押して、「分岐を追加する」を選択します。

すると、選択肢の右側で移動先を選べるようになるので、回答に応じてどの設問に飛ばすかを設定して完了です。

② アンケートの開始日・終了日を設定する

期間限定でアンケートを行う場合に開始日・終了日を設定する方法をお伝えします。

まず、画面右上の三点リーダーボタンを押して、「設定」を選択します。

すると以下画面が出てくるので、開始日と終了日、設定したい方にチェックを入れ、開始・終了日時を入力します。

以上、Microsoft Formsでのアンケート作成方法についてご紹介しました。本記事がMicrosoft Forms初心者の方にお役立ちできれば幸いです。




タイトルとURLをコピーしました