「マーケターあるある」から見るマーケティングのお仕事【経験談】

マーケティングのお仕事

「マーケティングに興味あるけど、実際の仕事ってどんな感じなの?」

そんな方に向けて、クスっと笑える「マーケターあるある」から、実際のマーケティングの仕事現場を紐解いていきます。

本記事を書いた人

リコッタ
リコッタ

大学でマーケティングを専攻し、花王や食べログでマーケティングに5年以上従事。多くの新製品や新規事業を立ち上げてきました。

マーケティングってどんな仕事?

マーケティングのお仕事は、商品やサービスが生まれる前から、実際に利用するユーザーの手に届くまで、司令塔として企画を考えたり周りを巻き込んで推進していく仕事です。

世の中でどんなものが受け入れられるかを調査・分析したり、新商品やサービスを企画したり、CMなどのWEB広告の内容を考えたり、販売戦略を立案したりします。

仕事内容についてもっと詳細に知りたい!という方は以下記事で詳しく紹介していますので、ぜひご覧ください。

関連記事 【経験談】マーケティングってどんな仕事?具体的な仕事内容や適性を紹介

【経験談】マーケティングってどんな仕事?具体的な仕事内容や適性を紹介
人気の高いマーケティングの仕事。しかしながら具体的にどんな仕事をするのか、あまり知らない人も多いのではないでしょうか。花王や食べログでのマーケティング歴5年の著者が、1日のスケジュール、どんな人が向いているのかなど、実体験に基づいてご紹介します。

「マーケターあるある」から見るマーケティングの仕事の現場

「実際メーカーのマーケティングの仕事ってどんな感じなの?」「激務?」など、仕事現場の様子についてよく聞かれることがあるので、「マーケターあるある」から、実際のマーケティングの仕事現場をお伝えしていきます。尚、あるあるネタはあくまで筆者の経験と主観に基づいています。

マーケターあるある① 商品がどの会社で作られてるか大体言える

勤めているメーカーが扱っているカテゴリーの商品であれば、競合含めてどの商品がどのメーカーなのかはほぼ言えます。お店に行って知らない商品があると「これどこの?!」と裏面を見てしまいます。

会社ごとで商品戦略の特徴が出るので、商品はその会社のどんな考えで出されているのかということを意識するようになります。

マーケターあるある② やたらカタカナ用語を使う

マーケ部に配属されてまずびっくりしたことがこれです。

「それはアグリーなんですけど・・・・」「そのスキームは・・・」「シナジーを生み出すには・・・」「このキャンペーンのオリエンしなきゃ」「ここにアジャストして・・・」など、最初「みんなルー大柴だったの?」と思いましたが、あっという間に染まってしまいました。

マーケティング用語やビジネス用語がもともと英語のものが多いので、自然に使ってしまうようです。カタカナ使うとなんだかできる人っぽくなりますね。

マーケターあるある③ カタカナに飽き足らず、やたらアルファベットを使う

「このRTBが弱いね」「LTVを上げるには・・・」「STPをもっと精緻にしよう」など、やたらとアルファベットを使うこともあるあるです。最初はまったく意味がわからず、会議の会話についていけませんでした。でも慣れると自然と使うようになります。

マーケティングやWEB系はアルファベット用語が多く、使わざるを得なくなってきます。事前に知っておくとアレルギー反応が少なく済むかもしれません。

マーケターあるある④ 資料作りに常に追われている

マーケターは企画を考えて、周りを巻き込みながら進めていく役割なので、周りの人に対して説明する機会が非常に多いです。常に資料作りに追われています。

たまに資料が間に合わず、言葉だけで研究部門と討論に臨んだ強者上司がいて、尊敬のまなざしでした。

マーケターあるある⑤ プレゼンが自然と上手くなる

あるある④のように会議が多いマーケターは、プレゼンする機会が非常に多く、最初は苦手と言っていた人もどんどんプレゼンがうまくなっていく傾向があります。

「人前でしゃべるのが苦手・・・」という人も安心してください。私も極度の上がり症でしたが、プレスリリースイベントで数百人を前にプレゼンできるまでに成長しました。

マーケターあるある⑥ アンケートを見るとデータ元を気にする

職業柄アンケートを基に判断することが多いので、テレビなどでアンケートを見ると「本当にデータ合ってるのか?」とデータ元を気にしてしまいます。

商品開発の中でアンケートを作ることも多いので、正確なデータのとり方やアンケートの仕方には自然と詳しく、うるさくなっていきます。

マーケターあるある⑦ 「ジャストアイディアなんですけど・・・」という名のアイディア攻め

マーケターは色んな人とコミュニケーションを取って巻き込みながら、商品や施策の企画を行っていきます。

そんな中で、色んな人が「これ、ジャストアイディアなんですけど・・・」といって色んなアイディアをくれます。ありがたい中、たまに「ジャストアイディアっていっときゃ何言ってもいいと思ってる?」というようなぶっ飛んだものも届きますが、ご愛嬌です。

未経験からマーケティング職に就くには

いかがでしたか?マーケターあるあるから、マーケティングの仕事の現場についてお伝えしました。マーケティングの仕事に興味がある方は職業選びの参考にしていただけると幸いです。

「未経験でもマーケティング職に就きたい!」という方は、以下記事で解説していますので、ぜひご覧ください。

関連記事 未経験からマーケティングの仕事に就く3つの方法

未経験からマーケティングの仕事に就く3つの方法
未経験からマーケティングの仕事に就く方法や、どんな企業を選べばいいのか、マーケティング歴5年の著者が実体験に基づいて解説します。
タイトルとURLをコピーしました