【ヒット商品のマーケティング事例】N.(エヌドット)が人気を集める3つの理由

ヒット商品のマーケティング

今や美容室で買うスタイリング剤の代名詞となった、業務用ヘア化粧品メーカー・ナプラのヘアケアブランド「N.(エヌドット)」。

2017年のスタイリングシリーズ発売以来、SNSや雑誌でたちまち話題となり、2021年8月現在のInstagramでのハッシュタグ「#エヌドット」の数は88万件にものぼっています。

N.(エヌドット) ポリッシュオイル

 画像:ナプラ 公式instagram

@cosmeでは人気アイテムのポリッシュオイルがベストコスメアワードの殿堂入りを果たすなど、数々の雑誌や美容サイトでタイトルを受賞し、今や定番アイテムとなっています。

本記事では、サロン専売品だった「N.(エヌドット)」のスタイリングシリーズが、なぜ多くの消費者から人気を集めたのか、マーケティングの観点からヒットの理由を分析し、皆様のアイディアのヒントになるトピックスをお伝えします。

本記事を書いた人

リコッタ
リコッタ

大学でマーケティングを専攻し、花王や食べログでマーケティングに5年以上従事。多くの新製品や新規事業を立ち上げてきました。

ヒット商品を試してみよう!

『N.(エヌドット)』がヒットした理由

エヌドットがヒットした背景には、サロンとエンドユーザーの両方の視点に立ったマーケティング戦略がありました。
本記事では、以下3つのポイントから解説しています。

『N.(エヌドット)』がヒットした3つのポイント

  • トレンドとニーズをうまく押さえた商品設計
  • サロンでの推奨につながった豊富なラインナップ
  • 異例のエンドユーザー向け話題化戦略

ヒットの理由① トレンドとニーズをうまく押さえた商品設計

エヌドットが多くの女性に受け入れられたのは、トレンドスタイリング剤へのニーズを上手く押さえた点といえます。

2000年代にCanCamや浜崎あゆみなどが巻き起こした“長めの巻き髪”のヘアトレンドは、2010年代頃から軽やかでナチュラルな方向性にシフトしていきました。

そこから発生したファッションのキーワードは「抜け感」。

着飾ったおしゃれよりも、ほどよく力を抜いて隙を見せるコーディネートが主流となり、伴ってヘアスタイルも短めで軽くなっていきました。

そこでトレンドとなったのが、スタイリング剤を使って濡れたような質感を演出した「ウェットヘア」です。

雑誌やSNSから火が付いたこのウェットヘアのトレンドにうまくはまったのが、エヌドットのポリッシュオイルでした。

N.(エヌドット) ポリッシュオイル

 画像:ナプラ 公式instagram

ナチュラル志向によるスタイリング剤離れもあった中、簡単に濡れ感のあるヘアスタイルを作れること、肌にも使えるといった新しい商品設計は、「手軽にトレンド感を演出したい」「スタイリング剤のべたつきがイヤ」という若年層のニーズを捉えました。

さらに機能のみならず、シンプルでユニセックスなデザインは美容師からも受け入れ性が高く、瞬く間に多くのサロンへと配荷され、美容師からの推奨によりユーザーが広がっていきました。

ヘアトレンドがちょうどマスに下りてきたタイミングで、ニーズを押さえた商品をリリースしたことで、サロンとエンドユーザーの心を捉えたのです。

トレンドやニーズを先読みし、売れるタイミングを逃さずに発売することで大きなヒットにつながる

関連記事 ニーズとは何か|ニーズを正しく把握して応える方法

ニーズとは何か|ニーズを正しく把握して応える方法
ヒットした商品やマーケティングの成功には、「ニーズに応える」ということが必須条件です。今回はそんな「ニーズ」に着目し、ニーズとは何か、ニーズを正しく把握して応える方法について紹介します。

ヒットの理由② サロンでの推奨につながった豊富なラインナップ

エヌドットはそのラインナップの広さも特徴です。

スタイリングシリーズにおいては、人気のポリッシュオイル以外にもバームやスプレーなど計12SKUの商品を販売しています。

N.(エヌドット) スタイリングシリーズ

画像:N.公式ホームページ

このラインナップによって幅広い髪型をカバーできるため、サロンで使用されやすく、美容師が顧客に紹介しやすいという点も、同シリーズが人気を集める理由です。

ウェットヘアを作れるスタイリング剤の“走り”といえば、「THE PRODUCT」のヘアワックスでしょう。エヌドット ポリッシュオイルが発売されたのが2017年なのに対して、THE PRODUCTヘアワックスは2011年に発売されています。

THE PRODUCT ヘアワックス

画像:THE PRODUCT 公式ホームページ

今も人気の商品ですが、サロンやSNSではエヌドットの方が優勢といった印象を受けます。
その理由も、エヌドットのラインナップの豊富さによるところが大きいでしょう。

同シリーズは、パーマや動きを出したい人はワックス形状の「バーム」、自然なツヤが欲しい人はクリーム形状の「セラム」など、髪型や嗜好に合ったスタイリング剤を選ぶことができます。

そのため、美容師が顧客に合わせて細かく使い分けができ、かつ推奨しやすいのです。

幅広い嗜好や髪型に合わせて取り揃えたそのラインナップによって、サロンでの販売や推奨を促し、「美容師から勧められた」というユーザーの信頼にもつながったのでしょう。

ユーザーだけでなく販売店のニーズを押さえることも重要なポイント

ヒット商品を試してみよう!

ヒットの理由③ 異例のエンドユーザー向け話題化戦略

エヌドットといえば「美容師に勧められて買った」という人が多い印象ですが、実は発売時からエンドユーザー向けに話題づくりを行うなど、今までのサロン専売品にはないアプローチを取ったことも特徴的でした。

発売前からSNSのインフルエンサーを登用し、『WWD BEAUTY』や『美的』など美容系メディアとタイアップした話題づくりを行いました。

これが功を奏し、美容感度の高い消費者の間で発売前からSNSで話題になり、スタートダッシュに弾みをつけたのです。

 発売前のPR施策により、発売時には既に多くの投稿が存在

 

サロン専売品が一般消費者に向けてマーケティングを行うということは、あまりされてきませんでした。

しかし今や美容情報はSNSから収集する時代。ナプラは従来の慣習から脱却して、異例のエンドユーザー向け施策を展開したのです。

発売時には既にInstagramで多くの写真や情報が掲載されていたため、発売前の話題づくりだけでなく、発売後にエヌドットを知った人の情報収集先としてもSNS施策が有効に機能しました。

従来の慣習にとらわれず、ユーザー目線のマーケティング施策を展開したことでターゲット層の興味関心を獲得したのです。

業界の慣習にとらわれず、ユーザー目線の話題づくりでターゲット層の興味関心を獲得

『N.(エヌドット)』 ヒットの理由まとめ

以上をまとめると、N.(エヌドット)がヒットした理由は以下3点と考えられます。

『N.(エヌドット)』がヒットした3つのポイント

  • トレンドとニーズをうまく押さえた商品設計
  • サロンでの推奨につながった豊富なラインナップ
  • 異例のエンドユーザー向け話題化戦略

サロンとエンドユーザーの両方の視点に立ったマーケティング戦略は見事でした。

ぜひこの機会にヒット商品を見て触って、アイデアのヒントを探してみてください。

以上、N.(エヌドット)がヒットした理由について分析しました。

ヒット商品を試してみよう!

 

タイトルとURLをコピーしました