【ヒット商品のマーケティング】リアルすぎる!「コロッケのまんま」がヒットした理由

ヒット商品のマーケティング

皆さんは「コロッケのまんま」という商品を食べたことがありますか?
ぷっちょやシゲキックスなどを販売する老舗菓子メーカー・UHA味覚糖から発売されたスナック菓子です。

UHA味覚糖『コロッケのまんま』(Amazon外部リンク)

【公式】King&Prince出演TVCM公開中! - 『Sozaiのまんま コロッケのまんま』 UHA味覚糖
サックサクひとくちコロッケ!『Sozaiのまんま コロッケのまんま』 King&Prince出演TVCM公開中!

2017年9月に発売された『コロッケのまんま』は、同社が発売する「Sozaiのまんまシリーズ」の1つ。大人気のおかずをそのままお菓子にしたことで一躍話題となり、発売半年で540万個を突破しました。
コロッケ以外にも餃子やお好み焼きなど様々な惣菜をスナック菓子として販売し、シリーズ累計3,000万個を売り上げる人気商品となっています。

本記事では、なぜ「コロッケのまんま」がここまでヒットしたのか、マーケティングの観点からヒットの理由を解明し、皆様のお仕事に役立つトピックをお伝えします。

本記事を書いた人

リコッタ
リコッタ

大学でマーケティングを専攻し、花王や食べログでマーケティングに5年以上従事。多くの新製品や新規事業を立ち上げてきました。

『コロッケのまんま』がヒットした理由

コロッケのまんまがヒットした背景には、既存の考えに囚われない柔軟な発想力と遊び心がありました。
本記事では、以下3つのポイントから解説していきます。

『コロッケのまんま』がヒットした3つのポイント

  • ジャンルレスな発想力
  • つい手を伸ばしたくなるネーミングとパッケージ
  • 消費者を飽きさせない多彩なコラボ

ヒットの理由① ジャンルレスな発想力

食べた人が「まるでコロッケみたい!」と驚く本商品は、実際にコロッケをそのままスナックに加工する、という斬新な製法で作られています。
そもそもなぜ惣菜をお菓子にしようと考えたのでしょうか?

そのきっかけは、お菓子を食事や間食代わりにし、そのことに罪悪感を持つという人が多いという現状からでした。おかずをスナック化することで、小腹を罪悪感なく満たせて、持ち運びしやすくなるのではないかというユニークな発想から開発がスタートしました。

揚げてダメなら乾燥させてみるなど、多くの試行錯誤をしながら商品化していったそうです。
UHA味覚糖は、素材をそのままお菓子にした「おさつどきっ」や、新食感のソフトキャンディー「ぷっちょ」など、お菓子の新ジャンルを開拓してきました。
UHA味覚糖の開発力があったからこそ、再現度の高い商品が完成したのでしょう。

お菓子という枠に囚われない発想力がお菓子の新ジャンルを作り上げ、一躍話題となりました。

食事とお菓子の垣根をなくすという斬新な発想が、新たなジャンルを作り上げた

この機会にヒット商品をチェックしよう!

関連記事 【ヒット商品のマーケティング事例】高価格帯入浴剤「BARTH」が人気となった理由

【ヒット商品のマーケティング事例】高価格帯入浴剤「BARTH」が人気となった理由
1回あたり300円という高価格帯入浴剤「BARTH」が発売3年あまりで様々なメディアで1位を獲得し、売上を拡大しています。そのヒットの理由をマーケティング観点から3つのポイントでわかりやすく解説します。

ヒットの理由② つい手を伸ばしたくなるネーミングとパッケージ

「コロッケのまんま」というネーミングとパッケージにも、ヒットにつながるヒントが詰まっています。

UHA味覚糖『コロッケのまんま』(Amazon外部リンク)

コロッケを前面に押しだしたインパクトあるパッケージは、まるでお惣菜そのもの。実際のパッケージ開発でも、食品コーナーに並ぶようなパッケージを意識してデザインしたそうです。
お菓子コーナーの中でこのパッケージが並ぶことで、ある種の”違和感”から多くの人の目に留まります。

次に「コロッケのまんま」というネーミングから、「コロッケを再現した商品なんだ」と直感的に理解し、興味を引きます。

更に、仕事や家事の合間に食べ切れる1人用のサイズ感から、食べたことのない人も試しやすいという仕掛けになっているのです。

売り場では「2秒」で買うか買わないかが決められるともいいます。
コンセプトを活かした、直感で伝わるネーミングとパッケージ戦略が、多くの人の目を引き、購入につながったのでしょう。

ネーミングとパッケージには、売り場でいかに買ってもらえるかという視点が重要

この機会にヒット商品をチェックしよう!

ヒットの理由③ 消費者を飽きさせない多彩なコラボ

同商品が人気を集める理由には、遊び心溢れるコラボレーションを次々と行ってきたことにもあります。

コロッケのまんまを擁する「Sozaiのまんまシリーズ」は約40種類近くの商品を発売してきました。中には様々な素材をスナックにするだけでなく、「こてっちゃん」など他企業とのコラボレーションにも注目が集まりました。

「Sozaiのまんま」シリーズが行ってきた他企業コラボ(一部抜粋)

※UHA味覚糖プレスリリースを基に筆者作成

2021年7月現在は洋食の名店「たいめいけん」とコラボしたデミグラスソース味のコロッケのまんまも発売されています。

【公式】UHA味覚糖 商品カタログ Sozaiのまんま コロッケのまんま デミグラスソース味
UHA味覚糖のホームページです。Sozaiのまんま コロッケのまんま デミグラスソース味のご紹介。

現在も試作を毎日数百種類も重ねて、新たなスナック菓子を模索しているそうです。

UHA味覚糖の”UHA”は、「ユニーク・ヒューマン・アドベンチャー」の略称。今までにないコラボレーションを模索することが、消費者を飽きさせることなく人気を継続させている要因の一つでしょう。

他企業とのコラボレーションを通じて話題を提供し続けることで、顧客を飽きさせない

『コロッケのまんま』 ヒットの理由まとめ

以上をまとめると、「コロッケのまんま」がヒットした理由は以下3点と考えられます。

『コロッケのまんま』がヒットした3つのポイント

  • ジャンルレスな発想力
  • つい手を伸ばしたくなるネーミングとパッケージ
  • 消費者を飽きさせない多彩なコラボ

ジャンルを超えた発想力は、多くの商品や企画において、ヒントになるのではないでしょうか。

以上、コロッケのまんまがなぜヒットしたのか、背景にあるマーケティングについて分析しました。

この機会にヒット商品をチェックしよう!

タイトルとURLをコピーしました