中毒性が話題!アウトドアスパイス「ほりにし」ヒットの裏側

ヒット商品のマーケティング

2020年は「ソロキャンプ」が流行語に選ばれたほか、人気コミック「ゆるキャン△」もドラマ化されるなど、様々な制約の中でキャンプが注目された1年でもありました。

そうした追い風もあり、自然や屋外での体験や料理を楽しむキャンパーは近年増え続けています。

そんなキャンパーの間で知らない人はいないであろう超有名な万能調味料があります。
それがアウトドアスパイス「ほりにし」です。

アウトドアスパイス「ほりにし」

 

和歌山の人気アウトドアショップ「Orange」から発売された同商品は、2019年の発売からわずか1年で20万本を販売する大ヒットを記録

2021年6月にはアウトドアファッション誌のGO OUTから『ほりにし』が味わえる別冊『奇跡の万能スパイス ほりにしが味わえるBOOK』が発売されるほどの人気ぶりです。

別冊GO OUT『奇跡の万能スパイス ほりにしが味わえるBOOK』

画像:三栄

本記事では、和歌山のアウトドアショップが全国的なヒット商品を生み出せたのか、マーケティングの観点からヒットの理由を分析し、皆様のアイディアのヒントになるトピックスをお伝えします。

本記事を書いた人

リコッタ
リコッタ

大学でマーケティングを専攻し、花王や食べログでマーケティングに5年以上従事。多くの新製品や新規事業を立ち上げてきました。

アウトドアスパイス『ほりにし』がヒットした理由

アウトドアスパイス『ほりにし』がヒットした背景には、キャンプを知り尽くしているからこそのアイデアがありました。

本記事では、以下3つのポイントから解説しています。

アウトドアスパイス『ほりにし』がヒットした3つのポイント

  • 新ジャンルを確立した“気づき力”
  • リピートと口コミを高めた「中毒性」
  • 特別感を演出した販路の限定

ヒットの理由① 新ジャンルを確立した“気付き力”

同商品が誕生したきっかけは、発売元Orangeのマネージャーである堀西さんがキャンプをする中で感じていたある不満でした。

それは、「キャンプの準備や料理に時間がかかり、お酒を楽しむ時間が短くなる」というものです。

多くのキャンプ場ではチェックインは13時以降。それからテントを設営し、食材を準備して料理となると、ゆっくり料理やお酒を楽しめる時間は限られてしまう…。

そんなキャンプ好きの堀西さんだからこその気付きから、「ひとつだけでアウトドアの料理を美味しくする万能調味料=アウトドアスパイス」というアイデアが生まれました。

キャンプのみならず、登山やバーベキューなど、アウトドアにおいては持ち物をなるべく少なくというのが鉄則。

“アウトドアスパイス”という提案は、時短のみならず「荷物を少なくしたい、でも美味しい料理を食べたい」というアウトドア好きのインサイトを捉え、新たなジャンルを確立したのです。

その新規性と万能性から、またたく間にキャンプ愛好家の間で認知度が高まり、ヒットへとつながりました。

キャンプ好きだからこそ気付けた着眼点が、多くのキャンパーの心をつかんだのです。

好きなことだからこそ気付ける発見は、そのカテゴリーの人が共感するアイデアにつながる

関連記事 ポジショニングって何?知っておくべき意味と成功のポイント

ポジショニングって何?知っておくべき意味と成功のポイント
ポジショニングとは、「競合に勝てる土俵を探すこと」です。本記事ではポジショニングとは何か、競合に勝てるポジショニングの探し方を、企業事例を用いながらわかりやすく解説します。

ヒットの理由② リピートと口コミを高めた「中毒性」

「日本人の舌に合って、キャンプでの肉料理に合う味」を目指して開発はスタートしました。

商品化までにかかった時間はなんと5年

数多くの試作を繰り返し、日本人が好むしょうゆや香味野菜、ガーリック、黒胡椒など約20種類のスパイスを配合し完成させました。

ほりにしが特徴的なのは、ミルポアパウダーを使っているところです。
ミルポアとは香味野菜を油で長時間炒めて作る、フランス料理に用いられるベースのこと。これを粉末状にして配合することで、和食だけでなく洋食にも合う万能調味料となっています。

2019年4月にOrangeで販売を開始すると、「中毒性がある」とSNSで話題に
キャンプ好きだけでなく主婦や一人暮らし世帯にも広まっていきました。

リピーターも多く、発売からわずか7ヵ月後の2019年11月には詰め替え用を発売しています。

『ほりにし』詰替用

妥協しない商品開発によって生まれた「中毒性」によって、徐々にユーザーを増やしていったのです。

「中毒性」はつい人に伝えたくなり、ユーザーがどんどん広がっていく

関連記事 メーカー商品化の裏側|商品企画・開発のプロセスや進め方とは?

メーカー商品化の裏側|商品企画・開発のプロセスや進め方とは?
商品ってどんな流れで作られているの?そんな商品化の裏側や商品に関わる仕事に興味をお持ちの方へ、商品企画・開発の流れや仕事内容について、多くの商品開発を行ってきた著者が経験に基づいて解説しています。

ヒットの理由③ 特別感を演出した販路の限定

同商品は当初、アウトドア用品店のみで販売していました。
あえて販路を限定したことで、アウトドアファンのマニア心をくすぐったことも、人気の一因でしょう。

発売元のOrangeは全国からファンが集まる人気ショップですが、その理由は「ここに来れば掘り出しものが見つかる」という特別感。

非日常を楽しむアウトドア好きにとって「こんなの見たことない!」という特別感は、興味を惹く大きなきっかけとなります。

同商品ではあえて販路をぐっと絞ることで、「探さないと見つからないアウトドアスパイス」というプレミアを付与したのです。

そしてアウトドアファンの間で一躍話題となり、今やアウトドアをしない人にも愛用者を増やしています。

販路をあえて絞ることで、探さないと見つからない「特別感」を醸成し、消費者の興味を惹く

アウトドアスパイス『ほりにし』ヒットの理由まとめ

以上をまとめると、『ほりにし』がヒットした理由は以下3点と考えられます。

  • 新ジャンルを確立した“気づき力”
  • リピートと口コミを高めた「中毒性」
  • 特別感を演出した販路の限定

「好き」から生まれたアイデアと、妥協のない努力でヒットを生み出した好事例でしたね。
ぜひこの機会にヒット商品を見て触って、アイデアのヒントを探してみてください。

以上、『ほりにし』がヒットした理由について分析しました。

 

タイトルとURLをコピーしました