【初心者向け】世界一わかりやすいcookie(クッキー)講座

Webマーケティング

cookieって何?調べてもイマイチわからない・・・

そんな方へ、cookieを初心者向けにわかりやすく解説します。

本記事を読むと以下内容がわかります。Web知識ゼロの方にもわかるように解説していきますので、ご安心ください。

  • cookie(クッキー)とは何か
  • どういう仕組みで使われているのか
  • cookieが必要な理由
  • cookieの問題点と今後の流れ

本記事を書いた人

リコッタ
リコッタ

大学でマーケティングを専攻し、花王や食べログでマーケティングに5年以上従事。多くの新製品や新規事業のWebマーケティングを行ってきました。

cookie(クッキー)ってなに?

cookie(クッキー)とは、ユーザーがウェブサイトを訪れたときにサーバーから発行されるメモのことです。

cookieはWebブラウザ(Chromeなど)に保管され、次にそのサイトに訪れるときにはそのcookieメモを基にユーザーを特定して、前に閲覧した情報を表示できたりします。

まず予備知識として、ウェブサイトが表示される仕組みを説明します。すでにご存じの方は飛ばしてください。

ウェブサイトは、ユーザーがあるサイトにアクセスしたときに、ウェブサイトからサーバーに「このページを出して」と依頼します。
サーバーとは、ウェブサイト上の情報を保管・管理しているセンターのようなところです。

ウェブサイトから依頼を受けたサーバーは、「はい、このページ出してね」と対象のページを返します。サイトとサーバーのやり取りによって、ウェブサイトは表示されているのです。

ウェブサイトが表示される仕組み

さて、ではcookieの話に戻りましょう。cookieとは、ユーザーがウェブサイトを訪れたときにサーバーから発行されるメモのことです。

ユーザーがウェブサイトにアクセスしたときに、サーバーからcookieと呼ばれるメモが渡されます。
そのメモはブラウザ上に保管されるので、同じブラウザでそのサイトにアクセスしたときには、そのメモを基にユーザーを識別し、ユーザーに応じた情報を表示することができるのです。

 cookieの仕組み

cookie(クッキー)はなぜ使われるのか?

主に、ウェブサイトでのユーザー情報の保管や、ネット広告のターゲティングのために使われます。

cookieには、「ファーストパーティクッキー」と、「サードパーティクッキー」の2つの種類があります。

 cookieの種類

ファーストパーティクッキーは、ウェブサイトの運営者のサーバーが発行するものです。

このクッキーは、ログイン情報やカートの中身の継続など、ユーザー情報を保管するために使われます。例えば、SNSのログイン状態が保持されたり、ネット通販でカート内容が維持することができます。

サードパーティクッキーは、ウェブサイト自体ではなく広告配信業者など第三者のサーバーが発行するものです。
ウェブサイトに広告や計測ツールが埋め込まれている場合には、第三者のサーバーからもcookie情報を発行し、ユーザーを識別することが可能です。

このクッキーは、興味関心に合ったウェブ広告を配信するためなどに使われます。
例えば、A社のサイトに訪問した後、他のサイトでもA社の広告が出てくることがありますよね。これは、「リターゲティング広告」といい、cookieのサイト履歴などから興味関心にあった広告を配信するために使われます。

リターゲティング広告の仕組み

 

cookie(クッキー)の問題点

サイトのログインを不要にしたり、カート情報を維持できたりなど、便利なCookieですが、問題点についても理解しておく必要があります。

プライバシーの問題

特にサードパーティクッキーにおいての問題点ですが、cookieを基にサイトを横断して情報を取得できるので、閲覧履歴や嗜好が、サイト運営者以外の第三者にもわかってしまう問題があります。

インターネットを通じてやり取りされる情報は年々増えているため、cookieは個人情報として規制する動きが世界的に高まっています。2018年にはGDPR(EU一般データ保護規則)が施行され、クッキー取得時のユーザーの同意が義務付けられました。

cookieは便利な反面、プライバシーに関わるリスクがあることを認識しておきましょう。

セキュリティの問題

cookieを基にID,パスワード情報など機密情報もサイトに表示することができるため、例えば端末を落とした場合や、共有PCを使う場合には注意が必要です。

端末にはロックを掛ける、共有PCではcookieを許可しないといった対策が必要でしょう。

cookie(クッキー)の今後の動向

2020年1月に、Googleが世界最大シェアブラウザの「Chrome」において、サードパーティクッキーのサポートを終了すること、事実上の禁止を発表しました。

今後は匿名情報であっても、個人を特定できる可能性を有する情報は個人情報とみなされ、インターネット上のプライバシー保護は益々加速することが予想されます。

一方、サードパーティクッキーの禁止はターゲティング広告には大きな打撃となり、新たな手法を開発していく必要があります。

ターゲティングの精度向上と、プライバシー保護のバランスをどうとっていくかが重要になるでしょう。

以上、初心者向けにcookieについて解説しました。学びの一助になれば幸いです。

関連記事 【入門編】Webマーケティングとは?知っておくべき基礎知識と業務内容

【入門編】Webマーケティングとは?知っておくべき基礎知識と業務内容
Webマーケティング初心者やこれから仕事にしたい方へ、Webマーケティングとは何なのか、知っておくべき基礎知識や実際の仕事内容について紹介していきます。
タイトルとURLをコピーしました