ヒット商品のマーケティング

ヒット商品のマーケティング

なぜ韓国からトレンドが生まれるのか|若者が韓国コスメにハマる理由

若者から絶大な人気を集める韓国コスメ。「クッションファンデ」や「リップティント」など、今や若者のみならず、日本のメイク業界のトレンドも生み出しています。なぜ韓国コスメがいまの若者たちのトレンドを作っているのか、マーケティング観点から3つの視点で分析します。
ヒット商品のマーケティング

【ヒットの兆し】なぜ「微アル」?微アルコール市場が広がるマーケティング的理由

ノンアルコール市場が拡大する中、突如アサヒが創造した「微アルコール」という市場。2021年9月にはサッポロも参入し、好調な滑り出しを見せています。なぜノンアル市場がある中、わざわざ微アル市場に各社参入しているのか、その理由をマーケティング観点から3つの視点で分析
ヒット商品のマーケティング

自動車に後付けできる急発進防止装置「ペダルの見張り番」がヒットした理由

高齢化社会によりテレビでたびたびニュースとなる高齢ドライバーの交通事故。そんな中、安全機能を搭載していない車でも、踏み間違いによる事故を防ぐ“後付け可能”な安全装置「ペダルの見張り番Ⅱ」が人気を集めています。そのヒットの理由を3つの理由から分析。
ヒット商品のマーケティング

【企業研究のタネ】クリスピークリームドーナツがV字回復できた3つの理由

日本中にドーナツブームを巻き起こした「クリスピー・クリーム・ドーナツ」。しかし徐々に“クリスピー離れ”が起き、わずか3年で22店舗が閉店しました。しかし2017年からの大改革により、V字回復に成功しました。見事復活を果たした3つの理由とは?
ヒット商品のマーケティング

【ヒット商品のマーケティング】NONIOはなぜ売れた?お手本すぎる若者心理の捉え方

20~30代の若年層を取り込みヒットしたライオンのオーラルケアブランド「NONIO」。オーラルケアに無関心だった若年層の価値観を捉え、うまくフィットさせることで新たな消費を促すというお手本のようなヒットに。若年層を捉えたヒットの仕掛けとは?
ヒット商品のマーケティング

【企業研究のタネ】アイデアで大逆転!老舗絵具店が生んだ『胡粉ネイル』ヒットの理由

日本画の衰退と共に低迷していた日本最古の絵の具メーカーが発売した「胡粉ネイル」が起死回生の一手に?年間40万本を超えるヒット商品となったその成功理由を、マーケティング観点から3つの視点で解説します。
ヒット商品のマーケティング

猫用おやつ「CIAOちゅ~る」はなぜ売れる?裏側にあった「全方位モテ」戦略

猫の心をつかんで離さないのが、スティックタイプの液状おやつ「CIAO(ちゃお)ちゅ~る」です。従来になかった液状のおやつとして2012年に発売され、今や猫用のおやつの代名詞ともなっているヒット商品。その売れた理由を3つのポイントから解説します。
ヒット商品のマーケティング

ガリガリ君が40周年!ロングセラーであり続ける3つの理由

赤城乳業が誇る国民的アイス「ガリガリ君」。発売40周年を迎えた現在も年間4億本以上を売り上げるロングセラー商品です。売れ続ける裏側には、遊び心と素直さを忘れない赤城乳業らしいマーケティングがありました。本記事では、大きく3つのポイントから解説します。
ヒット商品のマーケティング

【企業研究のタネ】コスメECサイト「NOIN」が若年層に人気を集める理由

2018年に開始し、わずか3年で250万DLを突破。10代~20代女性に絶大な人気を集めるコスメECサイト「NOIN(ノイン)」。なぜECとしては後発のNOINが短期間で急成長を遂げることができたのか、NOIN成功の裏側を3つのポイントから解説。
ヒット商品のマーケティング

若者を呼ぶ集客基地へ SNSで話題のファミマ限定コスメ「sopo」のヒット戦略

2020年11月にファミリーマートが新たに立ち上げたコスメブランド「sopo(ソポ)」。国内最大手のコスメECサイト「NOIN」とコラボしたsopoは、発売4か月で30万本を突破する売れ行きを見せています。そのヒットの裏側にある3つの理由とは?
タイトルとURLをコピーしました