ヒット商品のマーケティング

ヒット商品のマーケティング ヒット商品のマーケティング
ヒット商品のマーケティング

ハレノヒ脱却でV字回復!ケンタッキーの500円ランチがヒットした理由

これまでは“ハレノヒ”に需要が集中していたケンタッキーですが、最近では500円ランチをきっかけに日常的な利用機会を増やして売上を大きく伸ばしています。なぜケンタッキーの500円ランチが成功したのか、そのヒットの理由をマーケティング観点から分析。
ヒット商品のマーケティング

【ヒット商品のマーケティング】なぜコスタコーヒーは販売停止するほどヒットしたのか

2021年4月に発売し、予想以上の売れ行きからすぐに販売を一時停止した「コスタコーヒー」。強気な価格設定ながら本格的な味わいで人気を集めています。なぜレッドオーシャンな市場の中でコスタコーヒーがヒットしたのか、その理由をマーケティング観点から分析。
ヒット商品のマーケティング

服が売れない時代にもジェラートピケが売れ続ける3つの理由

プレミアムルームウェアの先駆けとなった、モコモコ素材が人気のルームウェアブランド「gelato pique(ジェラートピケ)」。アパレル各社が苦戦する中で、なぜジェラートピケが人気を集め続けているのか、その理由をマーケティング観点から分析しています。
ヒット商品のマーケティング

売り切れ続出!オートミールが若者に流行する納得の理由

近頃20~30代を中心にダイエット食としてブレイクしつつあるのが「オートミール」です。オートミールが流行っているのには、人気が出るのも納得できる大きな理由がありました。なぜ若者を中心にオートミールが注目を集めている理由を3つのポイントから分析します。
ヒット商品のマーケティング

外出自粛で急拡大|Uber Eats成功の裏側にあった戦略とは

外出自粛により利用者が拡大したフードデリバリー。中でも急成長を遂げているのが「Uber Eats(ウーバーイーツ)」。日本上陸から5年で掲載店舗数は10万店舗を超えました。なぜUber Eatsが後発ながら成功したのか、その裏側にあった戦略とは?
ヒット商品のマーケティング

【人気商品のマーケティング】なぜAesop(イソップ)には行列が絶えないのか

メルボルン発のスキンケアブランド『Aesop(イソップ)』は連日行列が絶えません。日本に1995年に上陸し、関東を中心に19店舗を展開する人気ブランドです。本記事ではなぜイソップが行列が絶えないほどの人気を集めるのか、その理由を3つのポイントから分析します。
ヒット商品のマーケティング

「プレスバターサンド」が僅か数年で人気土産ブランドとなった理由

発売から僅か数年で年間で2500万個を売り上げるヒットブランドに成長した人気土産菓子「PRESS BUTTER SAND(プレスバターサンド)」。なぜ競合ひしめく市場の中、発売数年で人気ブランドへと成長できたのか、その理由をマーケティング観点から分析。
ヒット商品のマーケティング

なぜTwitterやInstagramより人気?note(ノート)の利用者が急増する理由

サービスを開始6年余で月間アクティブユーザー(MAU)が6,300万を突破したメディアプラットフォーム「note(ノート)」。多くのSNSがある中、なぜ「note」がLINEに迫る勢いを見せているのか、人気の理由を3つの観点から分析しています。
ヒット商品のマーケティング

【SNS時代のヒット術】THE FIRST TAKEの“一発撮り”が人々を魅了する理由

2019年11月にYoutubeでチャンネルを開設し、チャンネル登録者数500万人を突破する「THE FIRST TAKE」。今や音楽業界に新たなヒットを生み出す媒体へと成長しています。本記事ではSNS時代を捉えたヒット術を3つのポイントから解説します。
ヒット商品のマーケティング

忖度ゼロ!本音すぎるテスト雑誌「LDK」が人気を集める3つの理由

本や雑誌などの紙メディアが売れない「出版不況」が叫ばれるこの時代。そんな中創刊からたった5年で20万部を超えるヒット雑誌が、“テストする女性誌”「LDK」(晋遊舎)です。今回はなぜ出版不況の中LDKが人気を集めているのか、その理由をマーケティング視点から解説します。
タイトルとURLをコピーしました